自己破産 依頼 弁護士 司法書士

司法書士に依頼するメリット

誰に頼むか迷いますよね

 

最近は自己破産の手続を自力でする人がいます。裁判所の係員の方が親切だからです。

 

ただ、時間がかかりますし、自己破産のリスクなどをしっかり説明してくれるかどうかわかりません。

 

書類作成だけであれば司法書士でも作成可能です。また、債務整理を専門にしていれば、自己破産の選択についてアドバイスを得られるでしょう。

 

支払う手数料などが安く費用を抑えられる

司法書士と弁護士を比べると、依頼できる業務の差があることもあり司法書士の方が安くできます。

 

自己破産後は返済がなくなり、分割返済ができるとしても支払額が安いほうがいいに決まっているでしょう。

 

自己破産の手続を司法書士に依頼する人が増えている理由です。

 

書類作成は代行してくれる

 

司法書士に自己破産を依頼すると、書類作成はきっちりしてくれます。ただ、裁判官との尋問などは一緒にいてくれるだけで、受け答えは自分でする必要があります。

 

また、東京地裁のように弁護士が代理しないと受け付けてくれないこともあるようです。必ずしも弁護士に依頼する場合と同じ条件とは限りません。

弁護士に依頼するメリット

 

借金問題解決のために話を聞いて欲しい人とは

 

これに対し、弁護士に依頼するメリットは「すべてやってくれる」ことでしょう。

 

裁判所の人が教えてくれるとしても、自己破産の申請書を作成するのは結構大変です。

 

また、申請後も裁判官からの尋問が2回ありますが、弁護士に依頼すれば、そのうち1回は代行してくれます。

 

平日の日中に仕事がある人は弁護士に依頼するメリットが結構多いのです。

 

何もかもやってくれる

弁護士に自己破産を依頼すると、手続をすべてやってくれます。自己破産の書類作成だけでなく、裁判所の出頭もできる限りしてくれるのです。

 

すべて任せられるということは、できるだけ内緒にして債務整理をしたい人の希望にも合致するでしょう。

 

裁判所の出頭は免責が決まる日だけ

このように自己破産を弁護士に依頼すると自分の負担が大きく減ります。

 

裁判所に出頭する回数が1回でいい点も弁護士に依頼するメリットと言えるでしょう。

 

1回だけは出頭する必要がありますが、裁判官との受け答えは弁護士が全てやってくれるので、気楽ではないでしょうか。

 

ちなみにこの出頭をした日に免責決定がされ、めでたく借金がすべてチャラになります。

 

手間がかかるほうが費用は安い

 

どちらを選ぶかはケースバイケース

 

では、弁護士と司法書士とどちらに依頼した方がいいのでしょうか。この選択は人によって変わります。

 

平日に仕事を持っている人は、裁判所などに出頭する手間を最低限にしたいでしょう。その場合、弁護士に依頼した方がいいです。

 

これに対し、自営業の方のように、平日の昼間でも自分で時間管理ができるような人は司法書士がお勧めです。費用が安くなります。

 

平日仕事がある人は弁護士がお勧め

このように平日に仕事がある人は弁護士に自己破産を依頼することをお勧めします。また、それ以外の方でも自分で手続をしたくない人も同様です。

 

弁護士に自己破産を依頼すると、先ほど述べた通りほぼ全ての手続をしてくれます。

 

平日に仕事がある人だけでなく、家族などに内緒にしたい人も弁護士に依頼することがお勧めと言えるでしょう。

 

日中時間が取れる人なら司法書士がお勧め

これに対し、日中に時間が取れるような人は司法書士に依頼した方が費用は安く済みます。

 

司法書士に依頼することで、自己破産の手続に差が生じるわけではありません。

 

ただし、先ほど述べた通り東京地裁のように弁護士の代理がないと自己破産を受け付けないというケースがあるようです。

 

その場合は仕方ありませんが、そのような制約がなければ司法書士に依頼する選択も検討してみてはいかがでしょうか。

 

事務所間による違いも大きい

 

どの道を進んでも目的地は同じです

 

では、気になる報酬はどの程度違うのでしょうか。弁護士や司法書士によって違いはありますが、差があることは事実です。

 

ただ、この差を「すべてやってくれるオプション料」と考えれば、必ずしも割高とは言えないでしょう。

 

裁判所に出頭する回数が2回から1回に変わるだけで大違いですし、弁護士、司法書士それぞれに各事務所間による費用の違いのほうが大きなケースもあります。

 

一般的には10万程度の違い

実際に両者の差は10万円程度だと言われています。ただ、弁護士によっては安くやってくれることもあり、司法書士より安い場合もあり得ます。

 

あまり金額差にこだわらず、自分が求める「サービスの範囲」で選択した方がいいのではないでしょうか。

 

この差をどう考えるか?

要するに両者の金額の差は「サービスの差」と言えます。書類作成に留まるか、裁判所の尋問まで代行してくれるかの違いです。

 

司法書士は尋問の想定問答を作っている事が多いでしょう。しかし、それでも不安があれば弁護士に依頼することをお勧めします。

 

自己破産は弁護士でなければ代理できないと思われがちですが、債務整理を専門としている司法書士も依頼を受けています。

 

司法書士に依頼すると、自分の手間が増えますが料金が安くなるでしょう。これに対し、弁護士に依頼すると料金は高いものの手続のほとんどをやってくれます。料金の差と手間のどちらを優先するかで決めればいいのではないでしょうか。

 

ただ、いずれの場合でも自己破産ありきで依頼を受けたがる弁護士や司法書士は避けた方が賢明です。

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

匿名無料メール診断

借金地獄死にたいのトップページへ戻る借金地獄で苦しい時のの対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に行き詰まった時の対策を紹介しています。